アウェイク awake ~回帰水使用の美容院~

4626

「髪は女の命」と言われるように、毛髪も肌同様に美しさの要素として大切なもの。ツヤのある髪は女性を美しく、そして若くも見せてくれます。洗練されたヘアスタイルはもちろんですが、最近は美髪=髪の健康ケアに力を入れている美容院も増えてきています。

立川駅の商店街の一角にある美容室「アウェイク」もそのひとつ。この地に店を構えて14年、地元のお客様に愛されているオーナー店長の須崎弘衣さんがなにより心を砕いているのが、髪へのダメージを極力少なくして施術すること。「食べ物や化粧品には気を使っている方でも、髪に関しては意外と無頓着ということが多いですよね」。

せっかく素敵なヘアスタイルにしても、髪がパサついてツヤがなかったり枝毛だったりしたのでは、その魅力も半減してしまうもの。また、今は若い女性でもおしゃれ用にカラーリング(毛染め)をするのが普通になっていますが、一般に用いられている化学染料は「髪や頭皮への負担が大きく、乾燥するなどダメージを受けてしまいます」と、須崎さん。毛髪の健康にも、水分が十分行き渡っていることが重要なのですね。

『KAIKISUIシリーズ』から伝わった回帰水

アウェイクでは、髪や頭皮に優しいハーブを素材にした自然由来の染料を用いていますが、これを溶くのに一昨年前から使っているのが回帰水。水にはもともと関心のあった須崎さんですが、回帰水との出会いは化粧品KAIKISUIシリーズがきっかけでした。

当時フェイシャルケアも行っており、以前ご紹介した酒井さんのブログを見てサロンで施術を受けたところ「クレンジングしただけなのに顔色が1トーン明るくなってびっくり」。使われているのが回帰水と知り「この水は期待できる」と、美容室にVIPを導入しました。

「このハーブ系染料は化学系のものより髪にツヤが出るのですが、回帰水を使うようになってからはツヤがさらに増し、仕上がりの色に何とも言えない深みが出るように。色持ちも多少長くなりました。自然系のものはどうしても色が落ちやすいのですが、回帰水は浸透性が高いからなのでしょうね」

ほかにもカット時のローション、トリートメントやパーマ時のスチームやパーマ液を洗い流したりする際に、また施術中にサービスでお客様に出すハーブティーやアロマ加湿器にと、フルに活用しています。回帰水を使うようになってからは、お店前のボードにその旨を記して知らせるほか、お客様に「こういうお水を使っています」という説明をしてから施術に臨みますが、リピーターの多さが、その実力を物語っているといえるでしょう。

ここに来るメインのお客様層は20代半ば〜70代ですが、下の年齢をもっと底上げしたい、と須崎さん。今後はより髪と頭皮のケア方面に特化させていきたいとのこと。最後に、皆さんへのアドバイスを。「髪や頭皮の健康を考えるなら、石油系成分の入っているシャンプーはお勧めできません。よく『ボリュームが出る』と謳っていますが、石油系やシリコンの成分で毛髪を乾燥させることでボリュームが出るんです」

アウェイク awake

東京都立川市錦町2‐1‐16 メゾン・ド・石川102

TEL(042)527‐2710

10時〜20時 火曜定休

※希望があればフェイシャルも可