和牛処 やまだいら ~回帰水使用の店~

4644

東京の新名所、スカイツリー。一般に浅草方向からの眺めが紹介されていますが、反対側の荒川方面からの眺めもまた味なもの。押上から一駅足を延ばした八広エリアは下町の落ち着いた雰囲気で、写真を撮るにもお薦めです。

そんななか、水車の回る古民家といった、郷愁あふれるたたずまいで目を引くのが「和牛処 やまだいら」。建物は隣接する近江牛の名店「山平屋(やまひらや)」創業者の実家を新潟県から移築・復元したもので、建てられたのは江戸時代末期から明治初期だそう。

消防法により外側こそ茅葺屋根とはいかないものの、内部は高い天井に欅の太い柱や梁、漆喰の壁にいろりの煙でいぶされた引き戸など当時を彷彿とさせる趣が、日本人の琴線に訴えてきます。「文化的価値もあり有効に使いたい、地域活性化に繋がれば」との2代目の樋口敏郎さんの意を受け、奥様の秀子さんが女将となり食事処を始めました。

しゃぶしゃぶやすきやきはもちろん、カレーまで近江牛を使う贅沢さ。しかもこのカレー、ランチではなんと1コイン!という、驚きの値段。直営店ならでは可能な破格値です。しかもすきやきもしゃぶしゃぶも、添える野菜はたっぷりと。回帰水処理で鮮度長もち、素材の味が引き出されて近江牛に引けを取らないクオリティを誇ります。加えて回帰水で炊いた新潟県産コシヒカリのご飯、と三拍子揃っておいしさのハーモニーを奏でます。

秀子さんが惚れ込んだ回帰水は「ブロッコリーや枝豆をゆでれば色鮮やかに、麺類は早くゆで上がる」と期待どおりに大活躍。ちなみに、レジ横の水槽で迎えてくれるお店の看板金魚も卵からかえして育てた回帰水ベイビーなんです。

これからは『スカイツリー見物の前後にやまだいら』が新定番、ですね。

4645

和牛処 やまだいら

東京都墨田区八広3-7-1

TEL(03)5631-2539

11:30〜14:00/17:00〜21:00(ラストオーダー20:00)

月曜定休