ヘルスケア

回帰水の栄養補助食品
バランスのとれた栄養が健康と美容をサポート
毎日の食事では足りない栄養を気軽に補っていただくために誕生したのが、タイセイの安心・安全な栄養補助食品です。栄養素はタンパク質、脂肪、炭水化物の多量栄養素と微量栄養素の2つに分類できます。現代人に不足しがちな微量栄養素とは、人の発達や代謝機能を適切に維持するために必要な栄養素です。全部で46種類あり、ビタミン類・ミネラル類・アミノ酸の3つに分類されます。その名の通り、必要な量は微量ですが、不足すると代謝の異常が 起こりやすくなります。ビタミンCが欠乏すると肌荒れや出血の原因に。ビタミンB群のパントテン酸不足は消化器や筋肉疾患の要因になります。ミネラル類では、ヨウ素は甲状腺、亜鉛は皮膚、クロムは筋肉との関係が深く、マグネシウム不足は心臓発作の誘因になるおそれも。微量栄養素には脂質や糖質を燃焼させるはたらきを持つものが多いため、ダイエットにも必要とされています。栄養バランスを整えることは、睡眠や運動とともに健康で美しい心身のために大切なことです。
微量栄養素等の1日あたりの平均摂取量および奨励摂取量
栄養素 単位
平均摂取量 症例摂取量
カルシウム mg 531 700
マグネシウム mg 247 300
mg 7.9 10
亜鉛 mg 8.2 15
葉酸 μg 299 400
食物繊維 g 14 25
なぜ、サプリメント?
健康づくりの3要素は、 栄養・運動・休養と言われています。
これから高齢化社会が進むなかで活き活きと心豊かに生活するために、この3つの基本要素に関心をもち健康増進に努めていくことが大切です。栄養については、毎日の食事から必要な栄養をとることが望ましいのですが、現代の食生活では栄養の偏り、栄養不足をなくすことはとても難しいことです。 健康維持や増進、美容、体質改善、生活習慣病などの予防のためにも、自分に合ったサプリメントで食事では足りないものを補い栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。
老化を防ぐことはできるのでしょうか

老化と活性酸素

「活性酸素」という言葉をよく耳にします。活性酸素は、強力な酸化力で細菌を退治する「善」であると同時に、いろんな細胞にちょっかいを出して体内をサビつかせる反応を繰り返してしまう「悪」でもあります。 そのため、老化やシミ・しわのほか、ガンなどの大病の引き金になるともいわれています。活性酸素は体内に取り込まれた酸素の一部が変化して作られるもので、その要因のほとんどは日常生活にあります。
活性酸素を増やす主な要因
・加工食品に含まれる食品添加物
・生鮮食料品に含まれる残留農薬
・有害な紫外線
・汚染された大気
・過度のストレスや過労
・喫煙、飲酒

活性酸素を撃退するには?

怖い活性酸素の撃退法のひとつが、活性酸素を無力にする食品を摂ること。いわゆる、からだのサビ止めです。特にビタミンが有効で、ビタミンAをはじめ、B2、C、Eの補給が欠かせません。しかし、体内にある活性酸素を除去する栄養分を食事から摂取するには、1日に何キログラムもの食物をいただく必要があります。そこで注目されているのがサプリメントでの摂取。無理なく毎日続けられることが、人気を集めている理由です。
活性酸素の働きを抑制する成分
・β-カロチン
・ビタミンB2
・ビタミンC
・ビタミンE
・ナイアシン
・ポリフェノール
・銅
・マンガン
・亜鉛
サプリメントは、水で飲むのが基本です。
例えば、お茶にはカテキン・ボリフェノール・タンニン等の成分が含まれています。タンニンは鉄分の吸収を妨げ、カテキンは血圧上昇を抑制する働きがあり、飲み物の成分がサプリメント本来の働きを妨げ、栄養分の吸収率を低くすることもあります。水道水も有害物質である塩素などが含まれているため、ビタミンなどの栄養を壊してしまうのです。胃に負担をかけず、サプリメントの成分の力を損なうことなく吸収するためには、コップ一杯程度の塩素やトリハロメタンなどの不純物が除去された純粋な水で飲むのが良いといえるでしょう。